生き方を選ぶ - デジタルとコグニティブ

日本酒とITで、かわいい&wannabeを叶えるお手伝い IT Biz Developer 兼 2017 ミス日本酒 秋田代表

生き方を選ぶ。

f:id:toriisogi18:20170216004817j:image

Visit Kyoto. (3rd Feb, 2017)

今回は、「情報の取捨選択」「生き方を選ぶ」に関する問題提起と課題の整理です。

情報も選択肢も、あればある程、多ければ多いほど幸せになる、ものでは無い。
だけど私たちは、今より多くを知りたがるし、
今より多くの可能性を求めて、努力をする。
情報は、あればあるだけ幸せになれる!と思って居ました。
生まれ育った秋田での体験。常に情報に飢えた生活を送っておりました。
そんな中で、インターネットは本当に救いだった。
知的好奇心全てを満たしてくれた。
しかしいま、現実の自分に搭載したいのは、リアルのミュート機能です。
…それを搭載する強い信念を抱く頃には、違う人間になって居そうだけど。
嫌なことをミュートすると言う意味では無く、
好きなことも、分量をコントロールしたいです。
何気なく受け取ってしまう状態から、
受け取る情報を選べるようになりたいと、思います。
 
…などと、
考え事(わたくしの趣味)をしている中で出逢った、
今月のananが素晴らしかった。
表紙に書かれたタイトルは、「生き方を選ぶ。」

要は、『情報を選べているのだろうか。時間の使い方をコントロール出来ているのだろうか。』という問題提起をしてくれる一冊。
ライフステージの変化に伴い、自分自身の環境も大きく変わる。
その際に、情報戦になるのは確かで、個々人にとって必要なものだけれども、
それにしても、キャパシティに対して受ける情報量が多すぎる。
そもそも、本当に正しい情報なのかしら?
そして、"今の"あなたに必要な情報なのかしら?
 
SNSや情報誌、家族友人同僚との日常的な会話の中で、
いつの間にか溜まっていく情報がストレスになっていないのかしら。
重荷を抱えたままの状態で、
果たして本当にわたしは、生き方を自分自身で選ぶことが出来ているのかしら。 
受け身になって、状況にただただ混乱してしまって居ないかな?
あなたの人生、何時だって、あなたが一番旬。
自分を知ること。自分を幸せにしてあげること
情報の取捨選択。
個人単位で責任を持つ必要がある。
でも、なかなか出来ないこと。
 
では、どうやって、リアルで入って来る情報を、
コントロールするのが良いのだろう。
いくつか定義をしてみましたので、次号に続きます。
 
 
追記は、本記事を書くにあたっての背景。
どうしてこんな記事を書いているのか。

日本酒

日本酒が好きな人って、どうしてこんなに信用出来るんだろう。

歴史の話をし出して、土地のことを語ったり、お米の話をし出したり。

愛情溢れているなあと感心します。

誰が読み手なのだろう。

わたしが伝えたい人は誰?


・・・・・・・・


インターネットで文字を書くことが好き。

誰に読まれているか解らないけれど、

アカウントを動かして発信し続けると

誰かと繋がってゆくのが好き。


理解されないかも知れない。


理解されないことが怖かった10代。

控えた20代前半。

やはり、わたしはこれしか無いと思った20代後半。


だって、書かないと自分を相対評価出来ないんだもん。

書かなくなると書けなくなるでしょ。

そんなの怖すぎるんだもん。


・・・・・・・・


人を待つことを、穏やかに出来るようになって来たかも。

相手には相手の優先順位がある。わたしにはわたしの優先順位がある。

相手が幸せなら、健康なら、わたしの願い事をちょっと譲っても構わない。

そう思えるから、穏やかで、待機の笑顔で居る。


・・・・・・・・


仕事が出来ない日もある。

でも、家事は出来る日がある。

仕事が出来る日がある。

でも、家事が出来ない日もある。

同じ人間なのに、おかしいよね。