生き方を選ぶ - デジタルとコグニティブ

好奇心とデジタルマーケティング、クラウドビジネス開発。毎日、日本酒。メンターシップ独学。人を元気にするのが得意なほう。

14/02/06;みぞおちの激痛。

一昨日のよる。みぞおちの激痛により寝付くことができず苦しんだ。

昨日のあさ。朝一ミーティングに青白い顔で参加。歩くとみぞおちに響く。

昨日のひる。病院にいってみる。お医者さま「もしかしたら盲腸の初期症状かもね」わーん 信じらんないー。

昨日のよる。元気だからご飯もおいしいし、元気だから仕事もおでかけもたのしいんだ。げんきないと、いままで自分が、どんな食べ物がすきだったのか、わからなくなってしまう。そういえば3年前の今頃、はじめての盲腸にかかった。つらかったけどあのときと状況がちがう。今回、盲腸再発だったらどうしよう、心細いな。そう思って、当時をほぼ日手帳で振り返る。ほぼ日手帳をちゃんと書いていると、すごい。おもしろい!3年前のわたしに会える。盲腸かつ就活生の18だった。これをみて、またほぼ日つけたくなった。(でも紙媒体は、重いし・セキュリティリスク高いし、うーん悩ましいところよね)

今日のあさ。採血の結果、とくに異状はなかった。ほっ。お医者さま「まずは胃潰瘍を治しましょう!」お薬をいっぱい出してもらう。

今日のひる。マネージャーに「体調大丈夫?仕事のストレス?」と質問いただく。「たぶん、食べ過ぎとか…だと思います」と返答。正解が知りたい…。そしてこれは2014年に目指すべきスタンスではなかったはず。。

 

社会的な生き物だなあと思う瞬間は多々ある。とにかく、家から出たいし人と話したい。その欲求を補完してくれるから、体調のよくない状態でもPCを開いて仕事がしたくなっちゃう。あとは普段あんまりちゃんと読まないSNSをながめたり。

元気がないと、人にあんまり会えなくなる。人に会わなくなると、あんまりごはんを食べなくなる。食べ物がだいすきだと思っていたのだけど、食べるというアクションがすきだったんだ。人がすきなものを食べることや人に勧められたものをたべること、人がにがてなものを食べてみること。すきなひとびとと同じものをたべること、すきなひとびとと美味しいものをシェアすること。そうやって直接的な経験を積み重ねるアクションが、とてもすきなんだなと気づいたのだった。

 

みぞおちの痛みが治るまでおしゃけのめないの?つらいね。

 

取り急ぎ