生き方を選ぶ - デジタルとコグニティブ

好奇心とデジタルマーケティング、クラウドビジネス開発。毎日、日本酒。メンターシップ独学。人を元気にするのが得意なほう。

ガジェットネタ『鞄の中で鍵が迷子になった場合』のソリューション

f:id:toriisogi18:20161109223909j:plain

I got a nice device, my ex-boss recommended it for me because I usulally lost my key and phone in my bag....

 

今日はガジェットネタ。

わたしの忘れっぽい特性を見抜いた元ボスから紹介いただいたアイテムです。

 

iOSアプリと連動する、キーホルダー型デバイス。

このキーホルダー自体がBluetooth接続するし、さらに音が鳴る機能を持っています。

f:id:toriisogi18:20161109221824j:image

小さいしシンプルだし、邪魔にならない。

充電不要。(電池が無くなった時が、そのTileの寿命。買い替えが必要です。)

 

iOSのアプリはこのようなデザイン。ちなみに、Apple Watchとも連動するよ。

f:id:toriisogi18:20161109221530j:image

 

わたしは、自分が無くしそうな物にTileを忍ばせて、音を鳴らして使っています。遠くでは無くさないけれど、部屋の中で見失っちゃう・・・そんな物とセットにしておきます。普段は鍵やお財布は、部屋の定位置に置くのですが、ちょっと外に出かけようとした時とか、小さな用事を思いついた時とか、タスクに注意を払ってしまって、手に持っていた鍵や財布の存在を忘れてしまうんです。笑 どこに置いたかわからなくなってしまうことがたまにあって。そんな時、Tileアプリで音を鳴らすと一瞬で見つかるから本当に便利です。

 

Tileの面白いところは、[Share]というセキュリティ設定をすると他のTileユーザーと繋がれる点です。Bluetooth圏内に限りますが、他人が紛失したTile+大事な物の近くを通ると検知して見つけてくれたりするんですよ。面白くないですか?アメリカでは結構流行っていたらしく、ちゃんと稼働しているんですって。こういう未来観とっても好き・・・。

 

と、ここまで、Tileの話をしていてよく言われるんですけど、そもそも多くの人は『鞄の中で鍵が迷子になる』『部屋の中で財布を無くす』なんてことは無いらしいですね。大変失礼いたしました。しかし、この世にわたくし以上の健忘症・ずぼら人間がいらっしゃいましたら、Tileのご利用を全力でお勧めいたします。例えば、そう、冷蔵庫の中に財布を冷やしていた経験がある方とか。

 

 

残念ながら、Tileを日本国内で売っているのを見かけたことはありません。ちなみにわたしはニューヨークのApple Storeで購入しました。Amazonにはいくつかあるみたい。米国で買うよりちょっとお高いけれど。 

 

最近ではサイズバリエーションも増えてきたので、ご興味があればお試しください。

www.thetileapp.com

 

最近ではコーポレートロゴも入れられるようになっているみたい!イベント配布用のロゴグッズにいいと思う。GoogleさんとかVMwareさん、Dellさんは使ったことあるのね。

www.thetileapp.com

 

アフィリエイトブログみたいになってしまったけど、違います。笑

それではさようなら。