読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き方を選ぶ - デジタルとコグニティブ

好奇心とデジタルマーケティング、クラウドビジネス開発。毎日、日本酒。メンターシップ独学。人を元気にするのが得意なほう。

Twitterでのコミュニケーションについて

既に、コンテストに関してTwitter上で情報収集をされており、わたくしのアカウントをご覧になられた方々が居らっしゃいます。有難うございます。

そして、わたくしが、知人(会社関係、大学時代の友人で、相手は鍵アカウント)に対して送ったリプライをご覧になられて、様々な推測をされたようです。

多方面からのご助言・ご指摘に関して、感謝しております。

 

Twitterでの発言は、わたくしの現実での人間関係が大前提にあり、なおかつ140字の文字数制限の中でコミュニケーションをしております。そのため、特定のリプライだけでは会話の全体像を掴むことができず、意図に反する誤解が生じてしまう可能性があることを理解いたしました。

わたくしは、IT企業に勤める一般人としてTwitterを活用しており、芸能活動を行ったことはございません。そして、芸能活動におけるSNSの運用経験もありません。

 

今回のコンテストはアンバサダー活動という位置づけでありますので、そこまで厳密に情報操作をする必要はないと感じておりましたが、イメージは非常に大事であることはわたくしも認識しております、今後、皆さまのご意見に耳を傾けて参ります。

 

もしも、疑問点や注意したい事などがございましたらわたくしまで直接ご連絡いただければ幸甚です。

 

また、Twitterの使い方に関しては、わたくし自身も今後変えていきたいと考えております。

今まで、知人に対しては、冗談や謙遜、その人だけに伝えた内容の文脈を引き継ぎ、時には面白おかしく、自由気ままにリプライをしておりました。ただ、誰が何をどう見ているかはわからないものだということを、改めて認識できました。

 

有難うございました。

今後とも宜しくお願い致します。