生き方を選ぶ - デジタルとコグニティブ

日本酒とITで、かわいい&wannabeを叶えるお手伝い IT Biz Developer 兼 2017 ミス日本酒 秋田代表

2017年秋、最近買ってよかったもの

珪藻土マット

 

ずーっとほしかった。興味があった。

素材の触り心地、良い雰囲気の雑貨屋さんでの佇まい、「そもそも珪藻土って何してくれるんだろう?」と説明文があっても効果が半信半疑。

加えて、好きな友人(賢い人々)にユーザーが多く、皆、便利がっているところ。

 

ほしい、ほしい、ほしい、、、と思い続けて、

購入の決め手になったのは、

秋田県珪藻土使用」

この言葉です。秋田のものなら買います。

 

調べたところ、秋田県北部(秋田県北秋田市米内沢地域!!!)に珪藻土鉱床とパーライト鉱床が賊存しているのだそうだ。

しかも、新第三紀中新世女川期の深海底に堆積した植物プランクトンが原料らしい…。(中新世は大学の時に習ったけれど、こんなに細かい時代区分見たこともない!!!)

参考文献:日本地質学会第115年学術大会(2008年・秋田)見学旅行(G班)案内書

https://www.jstage.jst.go.jp/article/geosoc/114/Supplement/114_Supplement_S111/_pdf

 

そんな昔から、秋田の土地にあった植物プランクトンの塊が、東京の、一人暮らしの更衣室とキッチンにあるという事実。すごく、いいなあ。

 ただそれだけで購入したのですが、食洗器・乾燥機の無い自宅、かつ、毎朝コーヒーと白湯、毎晩色んな酒器グラスで酒を飲むわたしにとって、結果的にこんなにもよい品は無いと思うほど、満足しています。

洗い物終わって食器をこのマット上に伏せて置くと、しっかり水分を吸収してくれるのです。水切りに悩んでいたから超優れものです。

 

わたしはWHITE(秋田県珪藻土使用)を購入したのですが、PINKは石川県産珪藻土、そしてGREENは秋田と石川のMIXなのですって。

 

soilに関する詳しくはこちらのQ&Aで。

soil-isurugi.jp

 

秋田県珪藻土を使用したマットって、ほかにも色んなメーカーで出しているみたい。それも初めて知りました。

___

追記:北秋田、と言えば、この一本。

東京のスーパーでも見かけてほっこりします。